はちみつその2

a0066250_13265022.jpg


この蜂蜜は、イタリア、トスカーナ産。
名前は、 Sulla, Apicoltura Dr. Pescia.
これは、 Sulla と言うワイルドフラワーの蜂蜜。
香りはマイルド、とろとろしていないので、香りがあまりたちません。
味もマイルド。少し酸味を帯びていて、後味さっぱり。
色はクリーム色。
濾過していないので、とっても重く、密度が高く、垂れないほどしっかりしています。
たべると、ざらざらしていて、質感と全く違った軽い味なのでびっくり。
これは、イタリアのマウンテンゴルゴンゾーラととっても合います。
そのままでも食べられるくらいさっぱりしていますよ。
[PR]
# by sexyegg | 2005-11-26 13:35 | 好きな物たち

はちみつ その1

a0066250_1318632.jpg


これ、フランス,プロバンス産のラベンダー蜂蜜。
ラベルには、Miellerie Chailan, Miel de Lavande と書いてあります。
色は白っぽい黄色で、クリーミーなテクスチャー。
香りはミルクっぽくてほんのりラベーンダーが漂っている。
味はまろやかで、そんなに蜂蜜の強い味はしません。
ブリーとか、カマンベール系のチーズ、特にフランス産の物ととても相性が良いです。
ブルーチーズと食べてもおいしい。
もうすぐなくなってしまうので買いにいかなくては。
[PR]
# by sexyegg | 2005-11-26 13:25 | 好きな物たち

バージニア州旅行2

そして、バス停につくと今回お世話になるDiegoが私たちを迎えてくれました。
私は会うのは2回目(でも一回目は挨拶のみだったので全く顔も何もかも覚えていませんでした。彼も同様)。
イタリア人の彼は40過ぎに結婚してアメリカに渡り、ニューヨークでワイン関係の仕事をしていましたが、つい最近、娘、そして自分たち夫婦の今後の人生のために、環境の良いバージニアに引っ越してきたそうです。

家は2階建てで大きくてかわいくて、しかも広大な裏庭とプール付き。
もちろん周りは森。庭を歩けば鹿の糞が落ちていたりします。

彼の家に着いてまずは Diego 特製ランチをいただきました。
 
      ラディキオのリゾット
      ブルーチーズとクルミのサラダ
      ワカモレとクラッカー
      イタリア、ピエモンテのチーズ
            そして
       とても熟して甘いメロン

彼はとっても料理が上手で、家族の料理は彼が毎日作るそうです。

これをイタリアの白ワイン Fontabuccio と一緒に (写真下)。
このワイン、とてもバランスがよくパーフェクトなランチワインでした。

そしてデザートとチーズは、1993 年物の Vinsanto と言うイタリアのデザートワイと一緒に。
このワイン、Trebbiano  と  Malvasia と言うぶどうからできていて、最低でも40年寝かせないとおいしくならないそうです。
この Vinsanto と言う名前は Holly Wine と言う意味だそうで、収穫したブドウを通気性の良いところにぶら下げて乾燥させ、糖分を凝縮させて作られます。
もちろん早い段階で飲んでもおいしいのですが、長く寝かせる程おいしくなるそうです。
本当に良く作られていれば100年までいけるとか。
40年物でもいいから飲んでみたいですね。
私たちが頂いた1993年ものは 甘みはさほど強くなく、深い香りと味わい、 medium body、
これからの熟成を期待させるものでした。

a0066250_313558.jpg



この後の観光は次に紹介することにして、
夕食もまたおいしかった。
これもまた彼の手料理。
イタリアの家庭の味ってかんじでした。
ごちそうになったのは、

T-bone ステーキ (外のグリルで焼いてくれました)
生ちりめんキャベツのサラダ アンチョビドレッシング
インゲン豆のソテー
じゃがいもとズッキーニの蒸し焼き
ブルーチーズを3種の蜂蜜で

この野菜類がとっても良かったです。でも、作り方はとても簡単で味付けもとても素朴なんです。
キャベツのサラダは千切りにしたキャベツに 鍋でアンチョビをオリーブオイルで崩しながらいためた物を絡めるだけ。
豆のソテーも、オリーブオイルに半分に切ったニンニク、そして塩と胡椒。
ジャガイモとズッキーニは薄くスライスしたジャガイモをオリーブオイルをひいた鍋にしいて、少し焦げ目がつくまで火にかけ、そしたらスライスしたズッキーニをその上に敷いて、ふたをして蒸すだけ。味はしお、胡椒のみ。ズッキーニがこんなに甘くおいしくなるなんて知らなかった。

Diego 言うには、イタリアではたくさんニンニクを料理に入れると言うイメージが他国ではあるが、実際はほんの少し風味付けに入れるだけだそう。特にアメリカ人は大きな誤解をしているとのこと。彼の料理を食べて、私も同感しました。いつも私は滋養強壮のため、ニンニクたっぷり料理を作っていたのですが、これからは減らそうときまました。

そして、料理と一緒に頂いたのがこのワイン。
a0066250_3334462.jpg

1999年の Pommard。ブルゴーニュのピノノワールからできた赤ワイン。
6年も経っているとは思わせないジューシーなミディアムボディーのワインでした。

 Diego,ごちそうさまでした。
[PR]
# by sexyegg | 2005-11-24 03:40 | 旅行

バージニア旅行 1日目

バージニア旅行から約一週間が経とうとしています。
帰ってきた翌日から連続で仕事でした。
サンクスギビングまで仕事なので家事が溜まっていて嫌だ。。。

旅行の話に戻り、14日の月曜日、一日働き、仕事が終わったのが火曜日の午前1時。
英君がホテルまで会いにきてくれて、その後旅行を共にするTちゃんと一緒に三人でソーロンタン(韓国のスープ)を食べに。

その後、Penn Station に向かい、3時の電車でワシントンまで出発。
疲れていたせいもあり、座席の居心地が悪いせいもあり、ワシントンまでの4時間全く眠れなかった。

ワシントンのUnion Stationに午前7時に到着。
ここで3時間という時間をつぶすことに。
この Union Station、ワシントンと言うだけあって、とってもワシントンらしい造り。
きれいで歴史を感じさせる建物だった。

ここでは駅の周りをうろうろしたり、本屋さんで立ち読みしたり、お話したりで、意外に早く3時間が経ちました。

そしてここからバージニア州まではバスで移動。
このバス停を探すのに苦労しました。
駅員に聞いても誰も知らないと言うことで、1時間ほどはバス停探しに。
結局、駅の2階にある駐車場で、何もサインの無いところが駅でした。

バスに揺られて約2時間半でやっと目的地の  Charllotsville に到着。
途中目を覚ますと、周りは牧場だらけ。
同じような光景を1時間くらい見ていた気がします。

そろそろ仕事に行く準備をしないといけないのでここで中断することにします。


a0066250_3514140.jpg

[PR]
# by sexyegg | 2005-11-22 03:50 | 旅行

明日から一泊旅行

もうすぐ夜中の2時。
今日は14時間働きました。
今日はいつもより長い時間働いたので足が痛い。
明日からお友達のTちゃんとバージニア州に一泊二日で旅行してきます。
Tちゃんの知り合いの方のお家に泊まらせてもらう予定。
彼の家のすぐそばにはワイナリーがあるそうなので楽しみです。
無論、私もTちゃんも酒飲みなのでワイナリーへ行くことが一番の楽しみなんです。
でも、、、、スケジュールがとっても過酷のなのが心配。
アムトラックで行くのですが。。。。
何故なら明日、 私は仕事を夜中の1時に終えて、出発がその2時間後の夜中の3時だから!
そして現地到着はなんとその日の午後一時。
そしてなんと、次の日の午後4時にはバージニアを去り、ニューヨークにはその日の深夜12時頃到着予定なんです。
実際バージニアにいるのは15時間。
そしてその渡航時間が18時間。
そして次の日は午前11時から仕事。
とっても不安です。
でも、私アメリカに来てニューヨーク州を出たことが無いので、短い間でもこの旅行は楽しみです。
充実した二日間になることを祈ってお休みなさい。


 
[PR]
# by sexyegg | 2005-11-14 16:08 | ひとこと

こんにちは、どうぞよろしく。

a0066250_13305735.jpg


初めまして 。
私はニューヨークに住む気ままな女の子です。
マンハッタンに住んで3年目、米国に来て5年経ちます。
職業はサービス業 (飲食業)。
今はホテルのバーラウンジ/レストランで働いています。
趣味は料理をすること、ワインを飲むこと、そして食事に出かけることです。
このブログでは私の(忙しい)生活の中で私が皆さんに伝えたいと思ったこと、自分のために記録しておきたいことを綴っていきたいと思っています。
自分の思想をこうして一般公開するのは初めてなのでどうなるのか心配です。
でも、私の生活を文章におさめることでもっと自分を知っていけたらいいなと思っています。
がんばります!
それでは、どうぞよろしく。
[PR]
# by sexyegg | 2005-11-12 15:46 | わたし