カテゴリ:仕事( 1 )

☆バージニアワインと和食のペアリングディナー☆

a0066250_13213860.jpg


ほとけさまのものさしで
物事をはかっていきたい

a0066250_13221762.jpg


わたしはいくつの秘め事をもって
そこに行くのでしょうか

a0066250_13233880.jpg


こんばんは
今日は24日(水)に行われた
私の働く”饗屋”初のお客様をお迎えしました
今回はオープニング前のイベントとして
バージニア州のワイナリー”Barboursville Vinyards" のワインメーカー(ワイナリーの最高責任者)ルカ・パスキーナさんをお迎えしての、6コース&6種のワインのディナーが開催されました☆

初めてのイベントという事もあり
かなりのお値打ち価格で☆

ワインは飲み放題☆

Barboursville Vinyardsは私にとって思い出深いワイナリーです
このブログを始めた最初の投稿はこのワイナリーを訪れたときの思い出☆
素晴らしい土地、自然、空、空気、人々、食べ物、ワイン、歴史。。。

ワイナリーの敷地内にそれはそれは素敵なコテージもあり
ルカのワインとバージニアの土地の味を楽しめるレストランもあり

もう一度行きたい場所です

a0066250_1342495.jpg



そして饗屋
イーストビレッジの片隅に間もなくオープン予定の
小料理屋さん
今ニューヨークにあまりない
本当の日本の味を皆様にお届け出来たらと思っています

あまり目立たない40席程のお店ですが
半地下にどっしりとたたずんでいます
テーブル席、バーカウンター、小さなお茶ラウンジ、お座敷、職人さんの立つカウンター

みんなが心を込めた手作り感たっぷりのお店です☆

a0066250_13352267.jpg


今回の箸袋は、
花柄に穴の開いた和紙を切って
糊で止めて
フラワーマーケットで買ったクリスマス用のデコレーションに使うもの(名前が分かりません)をくるっと巻きました

ナフキンは金魚柄の手ぬぐいで(普通のサイズよりも短く作ってもらったもの)

a0066250_1344410.jpg


まずはスパークリングワインでお客様をお迎えし
全員がそろうまでしばし店内で歓談して頂きました

a0066250_1345848.jpg


全員がそろったら着席です☆
ルカの挨拶と
ワイナリーの紹介が始まります

a0066250_13475350.jpg


Amuse

"Unagi Mille-feuille"
鰻のミルフィーユ
しっとりさせた食パンに鰻の蒲焼きをはさんで
粉山椒を

合わせたワインはスパークリング☆

a0066250_13513156.jpg


First Course
"Marinated Baby Portobello Mushroom with Seasonal Vegetables"

ベビーポータベロマッシュルームの揚げ浸し
菊花、小松菜、油揚げ
マッシュルームは素揚げにして一日漬けておいたもの
ワインという事で、日本のキノコではなく、マッシュルームを

a0066250_13492261.jpg


合わせたワインはソービニョン・ブラン
クリスプでライトなワインなので
お野菜の揚げ浸しに

a0066250_149042.jpg


次のコースは

a0066250_135638.jpg


Second Course
"Tapas Medley"

前菜の盛り込み

写真が逆です。。。手前と奥が。。。スミマセン
海老の塩辛が見えなくなってる。。。

金町子蕪擂り流し〜東京、金町原産の小ぶりの蕪の温かいポタージュ

とこぶし柔らか煮 肝ソース〜とこぶしを昆布と大根で柔らかく煮たものに、ソースはとこぶしの肝、とこぶしのだし、そしてBarboursville のシャルドネを

なが芋もろみ漬け〜一日漬かりの浅漬けで、芋の味を引き出しました

餅雲丹 キーライム釜〜餅米をお餅にして、裏ごししたウニと和えたもの

活ヒラメ昆布〆煎り酒ソース〜昆布〆したヒラメを塩昆布で和えた物に、煎り酒ソースを(水、酒、かつお、昆布、梅干、煎った米を半量まで煮詰めたもの)

牡蠣白ワインポン酢ゼリー〜小ぶりのワシントン州産の牡蠣に、Barboursvilleのソービニョン・ブラン、ダシ、ポン酢をゼラチンで寄せたものを

甘エビの塩辛〜昆布〆した旬の甘えびを、甘エビのミソなどを煮込んで煮詰めたものと和えたもの

写真を見るだけでお腹が鳴ってしまいます。。。

a0066250_1452191.jpg


合わせたのは樽熟成していないシャルドネ
繊細な和食の味を邪魔しない
お互い引き立て合うワインです☆

a0066250_147767.jpg


みなさんここまで来ましたが
かなりたっぷり飲んでます
ここでペースがゆっくりになるかと。。。ところが
みなさん飲んべえですね☆
まだまだです

a0066250_1410121.jpg


Third Course
Broiled Alaskan Wild King Salmon

アラスカ産 天然キングサーモン西京焼
これはなかなか食べられません
美味しいです
シャケの味です☆

手前にあるのはこの日料理長が特別に仕入れてくれた
鹿児島産黒毛和牛のステーキ
モンゴル岩塩

添えてある山桃は赤ワインで煮ました

a0066250_14121635.jpg


合わせたワインはメルロー
このメルローは
普通のメルローと比べるとライトでジューシー
面白いです☆
軽いので、味の濃い天然サーモンの西京焼と相性も良いのでは

a0066250_1414075.jpg


時が経つのもあっという間
予定の時間は軽くオーバー
それだけ皆さん会話もワインもお食事も楽しまれているッてことですよね

a0066250_14151660.jpg


Fourth Course
Grilled New Zealand Lamb Chop "HOKKAIDO" style
served with 15 Grain Rice and Salad

ニュージーランド産ラムのフレンチカットを
北海道のジンギスカンスタイルで
料理長が北海道出身とあって、さすが美味しい☆

ジンギスカンのタレには贅沢に、このお料理を出されたワインが一本入っています☆

付け合わせは大根と人参の炊き合わせ、里芋白雪揚げ、15穀米おにぎり 伊豆大島の焼塩で

a0066250_1419852.jpg


野菜サラダ
人参、大根、カイワレ、みょうが等のお野菜の千切りに
揚げごぼう
とんぶり

料理長特製ガーリックマヨネーズドレッシングで

a0066250_14212038.jpg


合わせたワインは
オクタゴン
フランス、ボルドースタイルの
どっしりとした赤ワイン
樽熟成がしっかりされていて
とっても美味しい☆

a0066250_14205787.jpg


ここでお食事は終わりです
次はデザート


a0066250_14223777.jpg


Dessert
Hot Chocolate Mousse Parfait and Cheese Cake

ホットチョコレートムースパフェ、チーズケーキ奉書焼き

卵たっぷりアイスの上には温かいチョコレートムーズ
上にはデザートワインで漬けたラズベリーと金箔
ラズベリーが見えないけど。。。ミントの下にあります

チーズケーキを春巻きの皮で巻いて焼いた奉書焼き


a0066250_14245130.jpg


合わせたのはこのデザートワイン
手摘みされたブドウを4ヶ月乾燥させて
甘みを凝縮させたものを使用
とろける様な甘みの横にはしっかりした酸味があり
すいすい飲めてしまいます

a0066250_14283748.jpg


そして最後に会席ほうじ茶と丹波黒豆の赤ワイン煮を☆

お越し下さった皆さんに本当に感謝です
饗屋初めてのお客さま
私たちにとっても初めてのオペレーションだったので
満足いかない点もあったはずです
皆さんの意見を取り入れて
もっともっと素敵なお店にして行きます☆
はるばるバージニアから来てくれたルカにも感謝☆

それにしても皆さんかなり飲みましたよ〜
それだけ美味しかったってこと
良かったです☆

最後にみなさんにお土産で
料理長特製ポン酢をプレゼント☆



a0066250_1431236.jpg


チェックも心を込めて一枚一枚手書きしました

ありがとうございました☆

余談。。。
[PR]
by sexyegg | 2007-01-27 14:33 | 仕事